資料請求

コンセプト

Concept

住まいを考えるとき
流行や斬新なデザイン、奇をてらったデザインを考えればいいのでしょうか?

人が住まうということをテーマにしたとき、自然の光を自然なままに、自然な風を自然なままに住まいに取り入れ、流れるような空間を創造し、流行に左右されない安らぎ、落ち着きを持たせた住まい。そして家族の絆や暮し方が時代とともに子、孫に継承され、自然に育まれる空間づくりが住まいの本質だと思います。私達は永い時を経ても決して色褪せることなく、愛され続けていく住まいづりを目指していきたいと思います。

フランク・ロイド・ライトは貝殻のコレクションを生徒に見せ、こう言いました。「ここに自然界の家の例がある。これらの単純な海の生き物は美しい家に住んでいる。千差万別の姿、形、模様を見なさい。すべてが目的を果たしている上に、単純さ、上品さ、美しさを備えている。これが偉大な建築様式だ。」

オーガニックハウスの家はフランク・ロイド・ライトの思想と哲学に着想を得ており、その普遍の価値を皆さまにご提供いたします。

普遍的価値

なぜ、木はこんな形なんだろう。どうして花はこんな形をしているのだろう。そんなことを考えてみたことがありますか?

動物にしろ、植物にしろ、生き物はその環境で生きていくために、自らの形を変化させてきました。逆に言うと、今私たちが目にすることが出来るのは、環境に対応することが出来た優秀な生き物だけです。たとえば、百合の花や貝殻。環境にピッタリ適合する形は無駄が無く、何十年、何百年経とうが本当に美しい。つまり、流行とは関係の無い普遍的な形なのです。

有機的建築とは、『そのような普遍的な形である自然の姿に学び、建物が環境と溶け合いながら、住む人にもフィットするようにデザインすること』の重要性を唱えた建築家フランク・ロイド・ライトの住まいに対する考え方であり、その理念に従ってデザインされた数多くの住宅は、建築後100年の「時」を超えた今も大切に住み継がれています。

春夏秋冬

四季の移ろいを感じ取り、木漏れ日、たおやかな緑の木々、爽やかな風。
自然を住まいの中に招き入れる。自然を五感で感じながら、自然と共に暮らす。
大きく水平に張り出した庇とウッドデッキの間の空間は外でも中でもない曖昧な空間が存在します。
この曖昧な空間こそが人にとっての居心地の良さを感じる場所の一つです。
この曖昧な空間は太陽とそよ風を肌で感じることのできる、もう一つのリビングなのです。
住まいの中と外を遮断しないで、つながりを持たせた空間で日本の四季を感じながら過ごす贅沢をあなたに。

流れるような空間の中の緩やかな壁の存在

空間の流れに沿って広がる自然な動き。居ながらにして人の気配を感じ取れるキッチン。 曲面壁がゆるやかに空間を導く。
この広い空間には、実は見えない壁が存在する。
それは、目に見えないけれど身体と五感で感じ取れる壁があるのです。
天井の高低差によって感じる開放感と圧縮感によって、そこには、確かにゆるやかな壁が存在するのです。

フランク・ロイド・ライトはその設計において「室内空間をドアや壁などで仕切って固定するのではなく、オープンにしてかつダイナミック、ドラマチックな動きをもたせる」、また「部屋、つまり箱の組み合わせではなく、動きのある空間のつながりで住まいをつくる」と語っています。
他には例を見ない独自の発想法を、彼は20世紀の前半に着想し、数多くの設計・施工の中でそれを実現しました。
天才は「未来の姿をつくる」と言うが、フランク・ロイド・ライトもまたその実践者なのです。

光と大気の中で生活する

自然光は人に生気を与えます。
照明は自然の照明が一番すぐれています。そう、太陽光です。
太陽光の光をガラスウォール、又は、スクリーンといわれる「透けて見える壁」から取り入れることで緑、景観、環境との一体感を図ります。
大きな開口部を設け、トレリスという大きな軒庇で直射日光を避けて柔らかい反射光を室内にいざないます。

フランク・ロイド・ライトは最も良い照明は天来の方法、すなわち自然な方法である。つまり「昼は自然の太陽の光を、夜は太陽光にもっとも近い、最小限の明かりを」と考えていました。
昼は床と梁の間の透明な壁、「ガラスウォール」の広い窓から自然光をたっぷりと取り入れ、部屋の隅まで明るくします。部屋に入った自然光は壁や床にはね返り、散乱する反射光としてまた部屋を明るくします。
また、反対位置にある採光窓からも光を入れ、部屋全体が柔らかい光で満たされるようにします。

凛とした空間、やすらぐ空間

正座をして礼を正す場所。畳の感触を感じて横になりくつろぐ場所。
座る、横になることを考え、天井の高さをおさえ心地よい独立した異空間を形成しています。
日本間の使われ方には相反するものがあります。
一つは正座をして礼を正す場所、もう一つは横になりくつろげる場所です。
礼を正す場所として囲われる空間と、くつろげる場所としての開放感を感じる場所です。
又、座ること、横になることを前提として天井高をおさえて圧縮感を持たせています。
和の様式美を尊重しつつも、例えば天井の照明などは光と影のコントラストを強調し異次元空間をつくりだして重厚さと落ち着きをかもしだしています。

基本的に和室は囲われる空間としてあつかう事が重要です。和様式としての威厳を持たせた空間が必要になりますが同時にくつろげる空間も必要となります。
そのために様式としての美を和室に持たせて、くつろぎの空間を与えるために外につながる開口部を設けることで、この相反する二つの使われ方は解消できます。
外につなげる開口部を設けることで内と外がつながり心地よい空間が生まれます。
どちらにしても和室は囲われるという空間の中で求心力が働きます。その求心点は窓ではなく床の間に集まり和室の美は一層引き立ちます。

柔らかく、優しく、穏やかに

繋がり感を持たせた壁、心地よさを感じさせる壁、天井の連続性。
そんな壁と壁に丸みをつけると輪郭が柔らかくなり、ゆるやかな光の変化と連続性を感じることができます。
又、壁と天井を化粧縁で区切らない方法で仕上げると天井との壁の境が穏やかになり
天井も壁も調和して室内の全てが穏やかになり精神的な心地よさを知らず、知らずに感じることでしょう。

オーガニックハウスは床の延長が壁であり、壁の延長が天井であると考え、直交する部分の強さを意識的に弱め、
あいまいな部分をつくりました。このあいまいな部分が天井と壁、壁と壁の連続性を表現しています。
重要なことは、この丸みが大きすぎたり、小さすぎたりしても連続性や柔らかみを失ってしまうという事です。
この丸みの大きさは空間の大きさで決めなければならないという事です。
オーガニックハウスのデザインコードはこの曲率を空間の大きさ、作品のコンセプトに応じて全て心地よさを感じるように決めています。

思考と落ち着きの籠り場

思考と落ち着きの為の最適な場。
円形の壁が使う人を優しく包み込む。
外観からは半円の外壁となり住まいをひきたたせます。

曲面を持つ壁は外に開放感をもたらし、内に求心力を持ちます。大切な事は円の半径と容積が大きな要素となるという事です。
デザインコードで決められた以上の大きさで円が存在すると集中や、籠るという感覚はなくなり、逆に散漫になるので円の求心力を保持させることが思考とおちつき感を醸し出す重要なポイントとなります。

素手で触れる感触、素足で触れる感触が心地よさを生みます

自然素材でなければ伝わってこない温もりや質感を必要とするところには自然素材を使い、 機能が必要なところには人工素材をつかい、融合された素材の本質を考えて使い方を慎重に選びました。
適材適所に厳選された素材の本質をつかみ如何に使うかを考え 健康や住み心地を充分に考慮した素材の使い方をしています。

フランク・ロイド・ライトは「元々の自然の素材の風合いを失わないように使うべきだ」と語っています。
また人工素材(金属、コンクリート、ガラスなど)をそのまま使うのではなく、質感(手ざわり感)と色調をもとに織り込んで、一つの織物(有機的なもの)のように仕立て上げる」と述べています。
フランク・ロイド・ライトは手による加工体験の素晴らしさ・巧みさ、そして「五感の豊かさ」を忘れるなと言っているのです。

住まいを考えるとき
流行や斬新なデザイン、奇をてらったデザインを考えればいいのでしょうか?

人が住まうということをテーマにしたとき、自然の光を自然なままに、自然な風を自然なままに住まいに取り入れ、流れるような空間を創造し、流行に左右されない安らぎ、落ち着きを持たせた住まい。そして家族の絆や暮し方が時代とともに子、孫に継承され、自然に育まれる空間づくりが住まいの本質だと思います。私達は永い時を経ても決して色褪せることなく、愛され続けていく住まいづりを目指していきたいと思います。

フランク・ロイド・ライトは貝殻のコレクションを生徒に見せ、こう言いました。「ここに自然界の家の例がある。これらの単純な海の生き物は美しい家に住んでいる。千差万別の姿、形、模様を見なさい。すべてが目的を果たしている上に、単純さ、上品さ、美しさを備えている。これが偉大な建築様式だ。」

オーガニックハウスの家はフランク・ロイド・ライトの思想と哲学に着想を得ており、その普遍の価値を皆さまにご提供いたします。

普遍的価値

なぜ、木はこんな形なんだろう。どうして花はこんな形をしているのだろう。そんなことを考えてみたことがありますか?

動物にしろ、植物にしろ、生き物はその環境で生きていくために、自らの形を変化させてきました。逆に言うと、今私たちが目にすることが出来るのは、環境に対応することが出来た優秀な生き物だけです。たとえば、百合の花や貝殻。環境にピッタリ適合する形は無駄が無く、何十年、何百年経とうが本当に美しい。つまり、流行とは関係の無い普遍的な形なのです。

有機的建築とは、『そのような普遍的な形である自然の姿に学び、建物が環境と溶け合いながら、住む人にもフィットするようにデザインすること』の重要性を唱えた建築家フランク・ロイド・ライトの住まいに対する考え方であり、その理念に従ってデザインされた数多くの住宅は、建築後100年の「時」を超えた今も大切に住み継がれています。

春夏秋冬

四季の移ろいを感じ取り、木漏れ日、たおやかな緑の木々、爽やかな風。
自然を住まいの中に招き入れる。自然を五感で感じながら、自然と共に暮らす。
大きく水平に張り出した庇とウッドデッキの間の空間は外でも中でもない曖昧な空間が存在します。
この曖昧な空間こそが人にとっての居心地の良さを感じる場所の一つです。
この曖昧な空間は太陽とそよ風を肌で感じることのできる、もう一つのリビングなのです。
住まいの中と外を遮断しないで、つながりを持たせた空間で日本の四季を感じながら過ごす贅沢をあなたに。

流れるような空間の中の緩やかな壁の存在

空間の流れに沿って広がる自然な動き。居ながらにして人の気配を感じ取れるキッチン。 曲面壁がゆるやかに空間を導く。
この広い空間には、実は見えない壁が存在する。
それは、目に見えないけれど身体と五感で感じ取れる壁があるのです。
天井の高低差によって感じる開放感と圧縮感によって、そこには、確かにゆるやかな壁が存在するのです。

フランク・ロイド・ライトはその設計において「室内空間をドアや壁などで仕切って固定するのではなく、オープンにしてかつダイナミック、ドラマチックな動きをもたせる」、また「部屋、つまり箱の組み合わせではなく、動きのある空間のつながりで住まいをつくる」と語っています。
他には例を見ない独自の発想法を、彼は20世紀の前半に着想し、数多くの設計・施工の中でそれを実現しました。
天才は「未来の姿をつくる」と言うが、フランク・ロイド・ライトもまたその実践者なのです。

光と大気の中で生活する

自然光は人に生気を与えます。
照明は自然の照明が一番すぐれています。そう、太陽光です。
太陽光の光をガラスウォール、又は、スクリーンといわれる「透けて見える壁」から取り入れることで緑、景観、環境との一体感を図ります。
大きな開口部を設け、トレリスという大きな軒庇で直射日光を避けて柔らかい反射光を室内にいざないます。

フランク・ロイド・ライトは最も良い照明は天来の方法、すなわち自然な方法である。つまり「昼は自然の太陽の光を、夜は太陽光にもっとも近い、最小限の明かりを」と考えていました。
昼は床と梁の間の透明な壁、「ガラスウォール」の広い窓から自然光をたっぷりと取り入れ、部屋の隅まで明るくします。部屋に入った自然光は壁や床にはね返り、散乱する反射光としてまた部屋を明るくします。
また、反対位置にある採光窓からも光を入れ、部屋全体が柔らかい光で満たされるようにします。

凛とした空間、やすらぐ空間

正座をして礼を正す場所。畳の感触を感じて横になりくつろぐ場所。
座る、横になることを考え、天井の高さをおさえ心地よい独立した異空間を形成しています。
日本間の使われ方には相反するものがあります。
一つは正座をして礼を正す場所、もう一つは横になりくつろげる場所です。
礼を正す場所として囲われる空間と、くつろげる場所としての開放感を感じる場所です。
又、座ること、横になることを前提として天井高をおさえて圧縮感を持たせています。
和の様式美を尊重しつつも、例えば天井の照明などは光と影のコントラストを強調し異次元空間をつくりだして重厚さと落ち着きをかもしだしています。

基本的に和室は囲われる空間としてあつかう事が重要です。和様式としての威厳を持たせた空間が必要になりますが同時にくつろげる空間も必要となります。
そのために様式としての美を和室に持たせて、くつろぎの空間を与えるために外につながる開口部を設けることで、この相反する二つの使われ方は解消できます。
外につなげる開口部を設けることで内と外がつながり心地よい空間が生まれます。
どちらにしても和室は囲われるという空間の中で求心力が働きます。その求心点は窓ではなく床の間に集まり和室の美は一層引き立ちます。

柔らかく、優しく、穏やかに

繋がり感を持たせた壁、心地よさを感じさせる壁、天井の連続性。
そんな壁と壁に丸みをつけると輪郭が柔らかくなり、ゆるやかな光の変化と連続性を感じることができます。
又、壁と天井を化粧縁で区切らない方法で仕上げると天井との壁の境が穏やかになり
天井も壁も調和して室内の全てが穏やかになり精神的な心地よさを知らず、知らずに感じることでしょう。

オーガニックハウスは床の延長が壁であり、壁の延長が天井であると考え、直交する部分の強さを意識的に弱め、
あいまいな部分をつくりました。このあいまいな部分が天井と壁、壁と壁の連続性を表現しています。
重要なことは、この丸みが大きすぎたり、小さすぎたりしても連続性や柔らかみを失ってしまうという事です。
この丸みの大きさは空間の大きさで決めなければならないという事です。
オーガニックハウスのデザインコードはこの曲率を空間の大きさ、作品のコンセプトに応じて全て心地よさを感じるように決めています。

思考と落ち着きの籠り場

思考と落ち着きの為の最適な場。
円形の壁が使う人を優しく包み込む。
外観からは半円の外壁となり住まいをひきたたせます。

曲面を持つ壁は外に開放感をもたらし、内に求心力を持ちます。大切な事は円の半径と容積が大きな要素となるという事です。
デザインコードで決められた以上の大きさで円が存在すると集中や、籠るという感覚はなくなり、逆に散漫になるので円の求心力を保持させることが思考とおちつき感を醸し出す重要なポイントとなります。

素手で触れる感触、素足で触れる感触が心地よさを生みます

自然素材でなければ伝わってこない温もりや質感を必要とするところには自然素材を使い、 機能が必要なところには人工素材をつかい、融合された素材の本質を考えて使い方を慎重に選びました。
適材適所に厳選された素材の本質をつかみ如何に使うかを考え 健康や住み心地を充分に考慮した素材の使い方をしています。

フランク・ロイド・ライトは「元々の自然の素材の風合いを失わないように使うべきだ」と語っています。
また人工素材(金属、コンクリート、ガラスなど)をそのまま使うのではなく、質感(手ざわり感)と色調をもとに織り込んで、一つの織物(有機的なもの)のように仕立て上げる」と述べています。
フランク・ロイド・ライトは手による加工体験の素晴らしさ・巧みさ、そして「五感の豊かさ」を忘れるなと言っているのです。

ページトップ